守屋茜さんといえば欅坂46一期生にして副キャプテン。

大人びた端正な顔立ちでありながら運動神経抜群でS気が強く「軍曹」とファンの間では呼ばれ人気のあるメンバーです。

 

今年の5月に守屋茜さんの握手会での対応に関してある噂が流れました。

今回は、その噂の真偽と、守屋茜さんの握手会での対応について調べてみました。

Sponsored Links

守屋茜に対する噂とは?真実はいかに

それは今年の5月にヤフー知恵袋に投稿された質問がきっかけとなりました。

2017年5月12日に投稿された質問には、↓の様に書かれていました。

原文ママ

ID非公開さん 2017/5/12 22:17:00

前回京都で欅坂46の剥がしのバイトをやったのですが、休憩に入った時、守屋茜さんに「もう少し剥がし早くしてください」と言われました。時間はしっかり守って剥がしてたのですが、言われたので早く剥がしていたら案の定、レーンが過疎ってきてしまっていました。

列の長さは彼女たちにとって意味のないものなんでしょうか?

京都での握手会で「剥がし」を担当したアルバイトスタッフが、守屋茜さんに

「もう少し剥がし早くしてください」

と指示を受けたというものでした。
※現在は削除されています

 

剥がしに限らずイベント時のアルバイトスタッフ、派遣スタッフには情報漏洩をしてはいけない義務があり、誓約書に署名を行い、誓約を破った場合にはそれなりの賠償・罰則があります。

 

この投稿者は、担当した守屋さんの名前を出してしまい、すぐに身バレするリスクを考えてないことから、偽のスタッフである可能性が非常に高いです。

 

また実際にメンバーからアルバイトスタッフへ直接指示をするという事もあまりなく、伝える事があれば基本的にはマネージャー等を通して剥がしのスタッフに伝えるはずなので、この点から考えても投稿者がアルバイトスタッフであった信憑性は薄く真実とは言い難いと思われます。

 

守屋さんを貶める悪質ないたずらであるとは思われつつも、現在人気が右肩上がりの欅坂46メンバーに関する噂とあり、真偽に関わらずファンの間では話題となりました。

各所に影響があったのか、ヤフー知恵袋への投稿から5日後、守屋茜さん自身が2017年5月17日のブログにempathizeというタイトルでブログを投稿しました。

投稿は↓の通りです

「あいつがああだって言ってた

こいつがこうだろうって言ってた

何がほんとなんてどうでもいい

分かってもらおうなんて無理なんだ

エキセントリックの歌詞についてよくメンバーと話します。

共感するし。

信じる?信じない?」

※原文ママ

 

4thシングル「不協和音」のカップリング曲『エキセントリック』の歌詞を引用し、信じるか信じないか、物事の解釈には真実ではなく人それぞれの見え方しかない、という内容でした。

 

真偽のほどは分からないものの、ブログに投稿した事で真実の様に信じるファンもいれば、冷静に公然での出来事ではないから、と全く信じないファンもいる、とファンの間でも捉え方が分かれる出来事となりました。

 

守屋茜、握手会の評判は?

それではそんなドSで負けず嫌いな守屋さん、握手会での評判はどうなのでしょうか?

剥がされそうになっても守屋さんの方からなかなか手を離してくれず切なげな表情をされて落ちた、神対応!という人もいれば、他のメンバーに比べてサバサバしていて友達の様であるという人もいます。

 

守屋さんの握手会に行った人で共通しているのが、意外と認知されていた、という事があげられます。

それもそのはず守屋さんは、セカンドシングルの握手会から、ノートにファンの方の名前や特徴、出身地などを記した握手会ノートを書いているそうなのです。

 

一人でも多くのファンの方を覚える様に努力をする守屋さんをファンの方は見守り、実際に握手会で名前を呼ばれるなどして喜んでいる様です。

守屋さん本人もブログに

「ファンの方が喜んでもらえる握手だったり、どうしたら自分を表現できるかよく考えます。」

「一歩一歩、時間はかかるかもしれないけど どんどん成長していきたいと思っているので」

と書いており、努力家の一面を見せています。

その甲斐あってか、徐々に女性ファンの割合も増えている様です。

 

まとめ

今回は守屋茜さんの握手会での噂と評判について調べてみましたがいかがだったでしょうか?

見た目は清楚ながら、体育会系で負けず嫌いでドSな性格で欅坂46の副キャプテンとしてグループを引っ張る守屋茜さん。

 

握手会ではファン一人一人の為に努力している姿が非常に好感が持てますね。

そんな努力家の副キャプテン・守屋茜さんをこれからも応援していきましょう!

それでは今回はこれで失礼します!最後まで読んでいただきありがとうございました!