こんにちは、みなみです(*’ω’*)

欅坂46といえば、息の合った激しいダンスが魅力ですよね。

 

音楽番組やライブ、さらに夏フェスなどいろいろなステージに出演して、素晴らしいパフォーマンスを披露してくれています。

 

ただ、あまりに激しいダンスに、欅坂46のライブは口パクなの?という疑問を抱いたことがある人もいるのではないでしょうか?

 

ということで今回、欅坂46のライブは口パクなのか?

また特にダンスの激しい曲の時はどうしているのか?ということについて調べてみました。

Sponsored Links

欅坂46のライブは口パクなの?

最近は多くの歌番組に出演している欅坂46の動画をもとに、“口パク”について徹底検証してみました。

欅坂46の、様々なTVでのパフォーマンスの動画をみると、確かにCD音源そのままの音が流れていることも多く、生歌を披露していることは少ないようですね。

 

そもそもの話ですが、最近TVに出演しているアイドルグループで、生歌を披露しているグループ自体が少ないというのも現状なようです。

 

特に、AKB48グループや乃木坂46などの人数の多いグループでは、メンバー全員のマイクを通してダンスをしながら歌唱をするというのは、会場の設備などなどの問題も含めてかなり難しいことなんだと思います。

 

ただ、全部が全部口パクというわけではなく、曲によっては生歌でパフォーマンスを行っていることもあると思うので、「どうせ全部口パクなんでしょ~」とは思わないほうがいいみたいですね。

 

特に激しいダンスの時はどうしている?

欅坂46といえば、激しいダンスでも注目を集めていますよね。姉妹グループの乃木坂46と比べても、難易度の高いダンスを披露しています。そんな激しいダンスの時の歌唱についても、徹底検証してみましたよ。

 

欅坂46の歌の中でも、不協和音は特に激しいダンスといえるでしょう。この曲のパフォーマンス時には、ヘッドマイクをつけています。さすがにあれだけの激しいダンスでハンドマイクをもっていたら、マイクが飛んで行ってしまった…なんてことも十分にあり得ますからね。

 

それだけ激しいダンスですから、あのダンスを踊りながらの安定した歌唱は不可能にも近いといってもよいかもしれません。ですから、激しいダンスパフォーマンスをする歌では、ほぼ全ての場面で“口パク”でしょう。

 

まとめ

今回は、欅坂46のライブは“口パク”なのかということについて調査をしてみましたがいかがでしたでしょうか?

今までのアイドルグループの常識を打ち破るようなアイドルグループに成長した欅坂46。そのなかの大きな要因は、やはりその美しく揃ったダンスだと思います。

 

最近のアイドルグループで“口パク”というのは決して珍しいことではなくなってきましたが、いいパフォーマンスをお客さんに見せるためにもしょうがないことなのかもしれませんね。

もちろん生歌を聞きたいという思いが全くないわけではありませんが、そういうところも含めてこれからも欅坂46を応援していきたいですね!