欅坂46の1期生としてアイドル活動を始めたみいちゃんこと小池美波さんはかわいい関西弁が特徴的で地元の兵庫をとても愛しています。

2017年の4月からはラジオのレギュラーメンバーになるなど今人気がきているアイドルの1人です。

 

さて!欅坂46がデビュー前からあるレギュラー番組『欅って書けない?』で以前放送された『秋の体力測定』でメンバーの運動神経が分かりました!

 

そこで今回のテーマでもある小池美波の運動神経がどのようなものなのか?握力はどうなのか?について調査してみました。

Sponsored Links

小池美波の運動神経は?

 

『欅って書けない?』で放送された秋の体力測定で測定した種目は

  • 50m走
  • 走り高跳び
  • ソフトボール投げ
  • 1000m走
  • 三段跳び
  • ブリッジ
  • 握力

の7種目です。

 

小池美波さんの測定結果は

  • 50m走:9秒03
  • 走り高跳び:80cm
  • ソフトボール投げ:13m50
  • 1000m走:5分44秒
  • 三段跳び:4m40
  • ブリッジ:45cm
  • 握力:25.4kg

です。

まあ運動神経がいいとは言えませんよね!

欅坂46のファンがネット上でそれぞれの種目にポイント付けをして総合でのランキングを作ったりしていますが、そのランキングだと小池美波さんはメンバー20人中11位という記録でした。

 

小池美波さんの運動神経はメンバーの中で考えると、良くもなく悪くもなくと並といったところですかね。

ただ、ライブではキレキレのダンスを披露しており、欅坂46のメンバーの中でもかなり上位のダンスのレベルであるようです。

必ずしも運動神経だけが重要というわけではないといえそうですね。

 

小池美波の握力がヤバい!?

先ほど小池美波さんの運動神経についてまとめましたが、握力の測定に注目してみたいと思います。

握力の測定結果は25.4kgでした。

 

小池美波さんは現在18歳ですが、女性の18歳の握力の平均は26.7kgです。

小池美波さんの握力は確かに平均を下回っています。これは私の偏見になるかもしれませんがこんな華奢な体からこの結果はびっくりするほどすごいと思います。

 

番組でおっしゃっていたのですが、本人はもともと握力10kgにも満たしていなかったそうです。

そこでお母さんに「鉛筆も持てないよ」と言われ、百均のグッズで鍛えたりしていたら25.4kgまで上がったそうです。

 

普通にすごいですよね。本人を見たことある方ならヤバいと思いますよね。

 

まとめ

今回は小池美波さんの運動神経や体力測定の結果で話題になった握力についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

今人気急上昇のアイドルグループですから今後もっと人気も出ていくと思います。小池美波さんもラジオでレギュラーになるなど今きているアイドルに間違いないので人気がどんどん出ると思います。

 

そんな小池美波さんの運動神経について良くもなく悪くもなくといった結果でしたが、握力だけは少しすごいなという感じでしたね。

運動神経は鍛えれば少しは良くなるだろうし、今後もっと握力があがることもありますよね。

 

番組でこういった体力測定の企画があるのは面白いと思います。また体力測定の企画があると、順位も全然変わると思いますし、面白いと思うので期待しましょう。

小池美波さんの活躍も今後もっと期待しています。