アイドルグループにはグループ内ユニットが発生する事がしばしばあります。

5thシングル「風に吹かれても」が早くも話題となっている欅坂46も例外ではなく、グループ内にいくつかのユニットが発生しています。

 

10月25日に発売する5thシングル「風に吹かれても」のカップリング曲にも、欅坂46のグループ内ユニット「五人囃子」が歌う楽曲も収録されており注目を集めています。

 

今回は、その「五人囃子」について調べてみました。

Sponsored Links

メンバー構成や選ばれた理由は?

欅坂46のユニット五人囃子のメンバーは、

石森虹花さん

織田奈那さん

斎藤冬優花さん

佐藤詩織さん

土生瑞穂さん

の5人で構成されています。

 

名前の読み方は【ごにんばやし】です。

7月にリリースされた欅坂46 1stアルバム「真っ白なものは汚したくなる」収録の『少女には戻れない』が初お披露目でした。

 

この5人が選ばれた理由は公には発表されていないので正確には分かりませんが、5人とも歌唱力が高くダンスが上手い事が共通しており、ファンの間でも評価は高いです。

 

特に夏に開催された欅坂46の全国ツアーでは、実際に五人囃子をライブで目撃したファンの方からは

  • 大人っぽくてセクシーな雰囲気
  • 佐藤詩織がハンパなく美人だった
  • メンバーのポテンシャルの高さを感じる!

といった感想がネット上に挙げられています。

 

7月に発売されたアルバムへの楽曲収録に続き、10月25日に発売される「風に吹かれても」のカップリングにも新曲「結局、じゃあねしか言えない」での収録となり、その人気と期待値の高さがうかがえますね。

 

名前の由来は?名付け親は誰?

五人囃子とは、元々ひな人形における、お内裏様とお雛様の結婚式を歌と楽器で盛り上げる、元服(げんぷく)前の少年5人組のことを指します。

欅坂46からこのユニット名が発表された時にはファンの方達からは

 

  • 雛祭りや和っぽいイメージなのか?
  • 楽器は演奏するのか?
  • 渋すぎないか?
  • そもそも誰が考えたんだろう?

 

と様々な疑問や憶測が飛び交いましたが、先日放送された10月14日深夜、MBSラジオ「ちょこっとやってまーす」(土曜深夜0時から)にて、レギュラーの土生瑞穂さんからこんな発言がでました。

””
土生「7月にリリースしたアルバムの時に結成した欅坂46の新ユニット『五人囃子』っていうユニットの新曲が5枚目のシングルにも収録されることになったんですよ!」””

””土生「ちなみにこの『五人囃子』っていうユニット名は私考えたんです(`・ω・´)」””

””土生「まず5人なんですよ、メンバーが。で、五人囃子っていうひな祭り?があって、盛り上げたいっていう意味がですよ。ライブとかでも盛り上がったらいいなっていう意味を込めて付けました」””

 

MBSラジオ「ちょこっとやってまーす」(土曜深夜0時から)から引用

なんと、土生さんが考えたユニット名だった事が判明しました!

そして、その由来も雛祭りの五人囃子から取ったとのことでした。

 

ちなみに土生瑞穂さんがレギュラー出演しているラジオ番組 MBS「ちょこっとやってまーす!」(土曜深夜0時から)では、前曲の「少女には戻れない」、今回の「結局、じゃあねしか言えない」共に番組で初公開しており、ファンの方は必聴ですね。

 

五人囃子のイメージは?

五人囃子というユニット名からどうしても和のイメージや雛祭りのイメージを思い浮かべがちですが、実際には、「少女には戻れない」はジャミロクワイのVirtual Insanityを彷彿させるようなジャズファンクでお洒落で都会的なイメージの曲調でした。

 

新曲の「結局、じゃあねしか言えない」ではがらりと変わってピアノがフィーチャーされたボカロぽい曲調で、メンバー5人のボーカルが心地良く爽やかな印象が強い楽曲です。

 

欅坂46内の他のユニットが可愛らしい印象が強いものが多い中、五人囃子はどちらかというと大人っぽくてセクシー、女性としての強さや格好良さを表現しているユニットのようです。

 

実際の五人囃子は楽器を演奏して盛り上げますが、欅坂の五人囃子はメンバーが皆ダンスが上手くて歌唱力が高くライブを盛り上げてくれます。

もしかしたら今後は五人囃子の名の通り楽器を演奏したりもするのでしょうか?

 

まとめ

今回は欅坂46内のユニット五人囃子の由来やイメージにについて調べてみましたがいかがだったでしょうか?

7月発売の1stアルバムへの楽曲収録に続き、5thシングルでもカップリング曲が、日も経たずに収録されていることから、周囲の期待と評価が高い事がうかがえますね。

 

前回のツアーでの盛り上がりを見ると、既に多くのファンの心を掴んでる気がします。

欅坂46本隊と共に、五人囃子のこれからの活躍にも要注目ですね。